mignon 天然酵母パン屋・パンに合う料理の教室

東京都文京区にある天然酵母パン屋・パンに合う料理の教室
mignon(ミニョン)

〒113-0022 東京都文京区千駄木5-41-15
TEL 03-3823-8083
営業時間 11:30AM〜6:30PM(水・木・金)
     11:30AM〜5:00PM(土)この日だけカフェも営業。
     予約制。一週間前までにご予約下さいませ。
     キャンセルは4日前まで。それ以降はキャンセル
     料が発生します。
定休日  日・月・火・祝日

mignonはパンを軸としながら、食を通して日々の暮らしや日常をお伝えできたら・・・と思っています。

料理のスタイリングやメニュー開発等も行っております。
お仕事のご依頼は下記までお願い致します。
contact@k-mignon.jp

”パンと料理の会””チーズ餐食の会”の今期の募集は
〆切りました。
次回は冬頃を予定しております。
迷ってしまうこと

 

 

この時期から春先まで迷ってしまうこと・・・

それはパン生地を作る際の水の温度。

外は温かでも一軒家というのは案外寒いもので

先週からパン生地を仕込む時の水の温度を温水に変えました。

 

常温の水でもパン生地には冷たく感じてしまうもので

発酵機に生地たちを入れたとしても、まだ寒いようなのです。

 

それを温水に変えてあげると気持ちよさそうにのんびりとした

生地に変わってくれるようです。

 

その反対に夏の暑い盛りは氷水でないと生地がダレてしまったり

短時間ですさまじく発酵してしまう、いわゆる”発酵過多”という

現象がおきてしまう・・・

 

前述の春先もなかなか気を抜けません。

桜が咲く時期でも私たちの国では”花冷え”というのがあります。

ですから、作り手がやや気持ちをリラックスさせながらパンを

作れるのは、実は1年の半分くらいでしょうか。

 

お客さまにmignonのパンをお渡しして笑顔になって頂きたいから

作っている時は焼きあがるまで始終、パン生地に私は話しかけて

います。

(ハタで見ていたら「おかしいヒトかも?」と思われるかも?)

子供がいない私にとってはmignonのパンは自分の子供と同じような

感覚だからかもしれません。

 

うまくパンが焼きあがったときには嬉しいのと同時に張りつめていた

糸が解けた様にぐったりとします。

それでもお客さまの笑顔が見たいから、またパンを作り続けている

のだと思っています。

| パンのこと(素材も含む) | 12:08 | - | - |
テスト

 

 

 

今、試作しているのがクロワッサン。

”食パン専門店”であるmignonで初めての試みです。

 

まずはプレーンと”カフェショコラ”などの生地に入っているフランス産

バトンショコラを入れたショコラ。

 

数量、及び、曜日限定で販売しようかと思っています。

また、価格も購入しやすいお値段を設定しています。

 

まずは今度の日曜日16日に行われる小石川マルシェに出せたらいいなぁ・・・

と思っています。

 

また、今回のマルシェでは久しぶりに”Wine Bar"も復活!

ウェルトスの中尾さんのワインと会津屋の幸一郎さんの日本酒と器と

mignonのパン。

お好みのお酒とお酒に合うパン3種を付けてワンコインで提供します。

 

さぁ、今回はどんなお酒とパンが出るのでしょうか?

お楽しみに^^

| パンのこと(素材も含む) | 12:46 | - | - |
ストロベリームーンと苺のパン

 

 

 

昨日は”ストロベリームーン”が各地で観られたようですね。

1967年以来、実に49年ぶりとか・・・

 

実家からの帰り道、近所の友達にばったり会って、ストロベリームーンが

よく見える場所を教えてもらって、しばし眺めていました。

赤のような、オレンジのような何とも幻想的な色。

自然が映し出す色は本当に美しいものでした。

 

mignonは今週、”苺ショコラ”というパンを売り出します。

苺もチョコレートも年間を通して人気のパンの副食材。

移転してからチョコレートは国産からフランス産に変更し、甘さの中に

コクのあるチョコレートを使用しています。

 

軽くトーストしてチョコレートを”フォンダンショコラ”のようにしても

美味しいですし、これからの暑い時期はアイスクリームサンドイッチなどに

しても美味しいでしょう。

 

今年は猛暑が予想されているようですが、好みの物を摂って、体力を

つけて、夏に臨みましょうね。

| パンのこと(素材も含む) | 11:47 | - | - |
暑い日のパンの愉しみ方




梅雨を通り越して一気に夏が来たような昨今の気候。
何を着たら良いのかすら迷いますね。
ですが、幸い、まだ湿度が低い分、ラクなのでしょうか?

お教室の生徒さんたちも「今日は冷やし中華が食べたく
なったわよねぇ・・・」などと話していました。
気温の上昇と共に食指も自然と落ちるもの。

でも体力を付ける為にも熱中症対策にもこういう時こそ
”食べる”という行為は大切です。

「パンはモソモソする。」
「すぐおナカが空く。」

などの印象がありますが、例えばライ麦や全粒粉、キヌア
などの入った栄養価の高いパンは手軽にチーズやハムを
挟んでサンドイッチにしたり、冷たいトマトジュースや
ガスパチョ、ビシソワーズなどの冷たいスープにパンを
ちぎって浸しながら食べれば喉越しも良くなりますし、
厚切りのトーストにこんもりとアイスクリームをトッピング
すればデザートのようですが、幸せな気持ちになれ、
元気の出る一品となります。

チーズは栄養価が高く、食べた後すぐに熱に変わる食品
ですが、食物繊維とビタミンCがありません。
それを補うように前述のパンでドライフルーツの入った
パンをプラスし、飲み物はスープか100%のフルーツ
ジュースや牛乳でもいいでしょう。

ビタミンと塩分を程よく摂り、水分補給も忘れない。
手軽に食べれるところもパンのいいところだと思います。

また、mignonのパンは水分よりも粉の量が多いので
おなかにも溜まります!

移ろいゆく季節を体だけではなく、舌でも愉しみたいもの
ですね。
| パンのこと(素材も含む) | 14:44 | - | - |
体の内側から美しくなる為のパン ”パンドーレ”




昨年から限定販売を行っていたこの国産キヌアの
入ったパン ”パンドーレ”

今年はなるべく店頭に出るように作ります。
キヌアという穀物はアカザサ科というほうれん草の
仲間。南米のペルーやボリビア産が主ですが
mignonは山梨の農家さんからこのキヌアを届けて
いただいています。
まだまだ国産の生産量は少ないのですが、パンに
たくさん入れることが難しいこの食材を使って
作ることに成功したので、”mignonのスペシャリテ
パン”の第1段となったのです。

白米100gと同量のキヌアの栄養価を比較すると
10倍のカルシウム、8倍の食物繊維、6倍の鉄分
を含んでいて、骨粗鬆症予防や血糖値を安定させたり、
またアンチエイジングにもその効果は期待されます。

このパンには更に全粒粉を加え、食物繊維を増やし、
天然酵母は定期的に摂っていると整腸効果もあります。

”体の中から美しくなる為のパン”・・・

もっちりとした食感はサンドイッチにもよく合いますし
カリッとトーストすると香ばしさは一層増します。

店頭で見かけたら是非、お試し下さいませ。
本日は引き続き外間宏政さんの作品展をmignonで
行っています。

12日(月)5:00PMまでの会期中はCafé営業も
パンの販売も行っております。
お休みの日をテディとパンでほっこりしにいらして
下さいね。

*今月23日(金)お休みをいただきます。


mignonの料理教室 募集中です。
手ぶらで参加できます。
完全予約制ですので
こちらをご覧の上、お申し込み下さいませ。

詳しくは こちらをご覧ください
 
| パンのこと(素材も含む) | 10:49 | - | - |
たっぷりチーズの”スペシャリテ ブレッド”




昨年、国産キヌアを使用したパン”Pain d'or”(パンドーレ)を
発売させて頂きました。
まだまだ手に入れることが難しい食材ですが、mignonはこの
国産キヌアをこのパンとグラノーラに使用しています。

spécialité ”(スペシャリテ)とは作り手の思いを込めた特別な
もの・・・という意味合いがあります。
この可愛らしいフランスのアルザス地方の特産菓子”クグロフ”の
焼き型に入れてたっぷりの卵とバターを使用した生地の中には
日本のプロセスチーズ、イギリスのチェダーチーズ、オランダの
ゴーダチーズと3種類のチーズがたっぷり入っています。
焼き型からあふれ出てしまうパンもあるほど。

ちょっと愛嬌のある形ですが、ひとくち食べるとほっぺがにんまり
とするでしょう!

本日から販売致しますが、”spécialité ”ですから常時ないことが
多いので、気になる方はご予約をお薦めします。

テディベア作家の外間宏政さんの作品展は12日(月)まで。
ひつじ年にちなんで今回はひつじの作品もあります。

たくさんのテディに会いにいらして下さいね。

*今月23日(金)お休みをいただきます。


mignonの料理教室 募集中です。
手ぶらで参加できます。
完全予約制ですので
こちらをご覧の上、お申し込み下さいませ。

詳しくは こちらをご覧ください
 
| パンのこと(素材も含む) | 12:27 | - | - |
おいしくパンを召し上がっていただく為の5つの方法





外は寒さと乾燥が続く季節ですね。
こんな日はあったかいキッチンでパンをトーストしてみて下さい。
心まであったかくなる香ばしい香りがキッチン中に立ち込めて
「バターを塗って食べようかな?それともジャムかな?」などと
ウキウキしてくるはず・・・

そこでお買い求め頂いたパンを美味しく召し上がって頂く為の
5つの方法を挙げてみました。

みなさまの”パンLife”にお役に立てたら嬉しいです。

1:消費期限の”なぜ?”
  mignonのパンの消費期限は”短め”に設定してあります。
  添加物が入っていないこともその理由の一つですが
  もうひとつ、理由があります。
  それは作り手の手を離れてしまったらどんな状況でパンを
  保管されるかが見えないから。
  通常は玄関先や食料貯蔵庫など冷暗所にて今の季節でしたら
  常温で保存していただければ消費期限以上に長持ちします。
  ですが、この季節、お部屋でエアコンや加湿器を使用されて
  いらっしゃるおうちが大半です。
  その中にパンを置かれていると必然的にカビが発生しやすく
  なってしまいます。
  美味しく召し上がって頂くためにはどうか冷暗所に保管
  下さいませ。
  ちなみにmignonでは試作の段階で様々な状況下にパンを
  置いて”実験”してみます。
  その結果、消費期限を提示するようにしています。

2:美味しいトーストの仕方
  mignonのパンは天然酵母を使用し、焼きあげています。
  天然酵母は整腸作用があり、焼きあがった後も”熟成”をして
  います。
  実は焼きたてよりも何日か経った方が酵母と生地が”仲良く”
  なって美味しくなるものなのです。

  パンを好みの厚さにカットしたらパンに霧吹きなので沢山の
  水分を与えてからトーストしてみて下さい。
  理想の水分量は”パンが濡れて不安になるほど・・・”
  そのくらい水分を与えるとトーストする時にパンが蒸し焼き
  状態になります。
  そうして焼くことによって外はカリッと中はもっちりと
  焼けるのです。
  フライパンで焼く方はフライパンに蓋をして焼き、仕上げに
  蓋を取ればカリッとした食感が楽しめますし、焼き網を
  五徳にかけて焼く方は焼き網にサラダオイルを薄く塗って
  焼くと網にパン生地がくっついてしまうことが防げます。
  また、高さのないオーブントースターで焦げてしまうのが
  心配であれば、アルミホイルを被せてあげると焦げは防げます。

3:冷凍保存するには・・・
  パンを好みの厚さにカットしたら”おむすびをむすぶように”
  カットしたパンを全てアルミホイルで包み(1枚ずつ包む
  必要はありません)ジップロックなどに入れて冷凍保存すれば
  霜が付きにくいようです。
  好みの食感や味にパンが変化したら冷凍保存してトーストする
  際はそのままの状態でトーストするか、電子レンジで10秒ほど
  解凍したらトーストしてみて下さい。

4:”パンペルデュ”でパンを変身させてみる
  フランスでは時間の経ったパンを美味しくする方法を”パンペルデュ”
  と言います。
  要はパンの再生、ですね。
  日本では”フレンチトースト”と言う方がポピュラーなのかも
  しれません。
  夜寝る前にタッパーウエアーに好みの厚さにカットしたパンを
  牛乳と卵を溶いたものを入れたのものに浸します。
  (ひと口大にするのがオススメ)
  翌日、テフロンのフライパンに油をひかずに前日のパンを入れ、
  お菜箸やトングで全体的に焼き色を付け、弱火にして蓋をし、
  じっくり焼きます。
  仕上げにバターをほんの少しフライパンに落とすと風味豊かに・・・
  砂糖、蜂蜜、メープルシロップなどは召し上がる時にかけるだけで
  甘みを充分に楽しめます。

5:”ラスク”にしておやつにいかが?
  薄くスライスしたパンにバターと砂糖をすり混ぜたものや
  パンにオリーブオイルと塩、胡椒を振ったものをトースターの
  低めの温度でパンが乾燥するイメージで焼いてみて下さい。
  (決して焦げないような温度設定で作るとうまくいきます)
  カリカリに乾燥したらできあがり。
  水分をしっかり飛ばせば長期保存が可能です。
  その際はがラズ瓶などに入れて冷暗所に保管し、あれば乾燥材を
  入れておけば完璧です。




mignonの料理教室 募集中です。
手ぶらで参加できます。
完全予約制ですので
こちらをご覧の上、お申し込み下さいませ。

詳しくは こちらをご覧ください


 
| パンのこと(素材も含む) | 14:27 | - | - |
クリスマスになくてはならないドイツ発祥の発酵菓子”シュトーレン”




いったいどれだけのシュトーレンを作るの?
と思うほどたくさんのドライフルーツを秋の声を聞いてから
漬け込み始めましたが、それもすっかりなくなり、
店頭にあるシュトーレンも残りわずかになりました。

シュトーレンはドイツ発祥の発酵菓子。
まっしろにパンを覆っている粉砂糖は”キリストさまが誕生
した時に包まっていた”お包み”を表現しています。

粉よりもバターとラム酒に漬けたフルーツやナッツが多いので
焼きあがりはかなりやわらかいのですが、焼きあがった後に
全体的にたっぷりと澄ましバターを塗って、生地が落ち着いた
ころに粉砂糖をたっぷりとふりかけます。

本来はクリスマスを待ちわびながら薄く薄くカットした
シュトーレンを1枚ずつ食べるのですが、私たち日本人には
それは難しそうですね^^

もうすぐクリスマス。
みなさんに神さまのご加護がありますように・・・


mignonの料理教室 募集中です。
手ぶらで参加できます。
完全予約制ですので
こちらをご覧の上、お申し込み下さいませ。

詳しくは こちらをご覧ください
 
| パンのこと(素材も含む) | 13:06 | - | - |
シュトーレン販売開始しました




今年もシュトーレンの販売を開始しました。
先週の土曜日に行われたWine Barで先行販売させて
頂きましたが、即完売でした。

なるべくいつも店頭にあるようにはしますが
確実にお手になさりたいお客さまはお手数ですが
ご予約下さいますよう、お願い申し上げます。

今年はラッピングサービスも始めました。
プラス¥50で紙のお手下げとmignonのHPなどを
デザインして下さっているデザイナーのButterflyさん
デザインのmignonオリジナルポストカードが付きます。

今年もシュトーレンはちいさな食べきりサイズでお作り
させて頂いています。
シュトーレン+パンやジャムなどをクリスマスプレゼントに
してみてはいかがでしょうか?
| パンのこと(素材も含む) | 11:00 | - | - |
mignonのパンのこと。もっと知ってもらいたいから・・・




mignonのパンのことをもっと知っていただきたくて
Facebookに不規則にパンの記事を載せています。

https://www.facebook.com/mignonbreadsendagi

いつもひとつのパンに焦点を絞ってそのパンに関する
エピソードを書いているのです。
ブログには載せていないパンの話し。

是非、ご覧になってみて下さいませ。


 
| パンのこと(素材も含む) | 15:30 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
mobile
qrcode
にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 谷中・根津・千駄木情報へ
LINKS