mignon 天然酵母パン屋・パンに合う料理の教室

東京都文京区にある天然酵母パン屋・パンに合う料理の教室
mignon(ミニョン)

〒113-0022 東京都文京区千駄木5-41-15
TEL 03-3823-8083
営業時間 11:30AM〜6:30PM(水・木・金)
     11:30AM〜5:00PM(土)この日だけカフェも営業。
     予約制。一週間前までにご予約下さいませ。
     キャンセルは4日前まで。それ以降はキャンセル
     料が発生します。
定休日  日・月・火・祝日

mignonはパンを軸としながら、食を通して日々の暮らしや日常をお伝えできたら・・・と思っています。

料理のスタイリングやメニュー開発等も行っております。
お仕事のご依頼は下記までお願い致します。
contact@k-mignon.jp

”パンと料理の会””チーズ餐食の会”の今期の募集は
〆切りました。
次回は冬頃を予定しております。
自然に返る

 

 

この夏、小旅行してきました。

場所は長野県にある穂高養生園。http://www.yojoen.com/

 

携帯の電波がつながりにくく、TVも置いていない。

長い滞在の人には洗濯機があり、洗剤もなく、あるのは重曹などの

あくまでもケミカルなものはなく、シーツと枕カバーは取り換えたい時に

自分で指定のカゴに入れる。

 

食事はごはんが玄米でおかずは野菜のみ。

お味噌汁やスープもつく。

まずはテーブル中央に長方形のお皿が二枚とお箸が二膳置かれる。

それは”苦手なおかずがあれば箸を付ける前にそのお皿に返して

それが好きな人が取る、というシステム。

 

朝食の前にヨガかお散歩をゆったり楽しみ(この日はお散歩だった)

帰って来てから食事。

美しくそして美味しい食事に舌づつみをし、自然とゆっくり咀嚼していた。

 

緑の自然に囲まれている場所だから、電車だとバスにも乗り換えて

かなり不便な場所だが、次回はもっと長期滞在したい。

 

海も湖も心が穏やかになるが、緑も同じ。

私たちの今、住んでいるところはコンビニや自動販売機があり、

便利ということに慣れてしまっているが、不便さをあえて楽しむのも

必要なんだ、と感じた。

 

必要であれば、何か代用できるものはないのか?そうやって考えて

シンプルに暮らせる暮らしかたをあらためて考えるいい機会だった。

 

 

| 日々のこと | 14:26 | - | - |
ただいま。

 

 

 

まずはお知らせから。

10月11日から14日まで行われる外間 宏政さんの作品展の

ワークショップですが、定員に達しましたので、お申し込みは

締め切らせて頂きました。

なお、キャンセル待ちもお受け頂けるようですのでご興味のある方は

下記までお問い合わせくださいませ。

http://tdpb.exblog.jp/

 

今日からまた”パンと料理の会”が始まります。

今回は会の中でクリスマスパーティーのような内容も含めたので

そちらも楽しみ。

”ホムパ”流行っていますからね・・・

 

夏休みは旅に2度ほど出て、あとは色々考えさせられることの

多かった日々でした。

旅に出る時は観光はあまりしません。

5年ぶりに会えた友達とおしゃべりを心ゆくまで楽しんだり

美味しい料理に舌鼓を打ったり、友達を作ったり、

日本でしていることとほぼ変わらないことをしていました。

 

日本に帰ってきてからは、母が愛犬チェリーさんとmignonへ

やってきて犬も入れる近所のCaféでゆっくり朝ごはんを愉しんだり・・・

 

ただ、やはりいつも心に響くのはmignonの1階は店舗ということ。

時々、落ち着かなくなります。

田舎だとそうした気持ちになるのは少ないのかもしれませんが

階下に降りて行くとやはり仕事のことが常に頭に入ってきます。

 

私は何故だか先の事、さきのコトを考えてしまうヘンな癖があるので

この一か月休む、と言うことは自分にはこのmignonを続けて

行く為にも必要な事なのです。

 

始めることは実はとても簡単なこと。

勢いもあり、常にアドレナリンは脳から出っぱなし。

でも、いざ始めてみると予想外の出来事ばかり・・・

きっとそれに気が付いた時に、このまま続けていくのか?

それともきっぱり整理し、退くのか?

二者の洗濯に迫られます。

そのとき、どうするのか?どうしたいのか?

この選択を後悔するか、否か?

 

私も今のmignonの場所の悪さは私自身が一番よくわかっています。

家を改造したわけだから、路地裏だから、気が付いてくれません。

でも、そのマイナスを飲み込んで始めたのですから

続けていきます。

私はクリスチャンで何でも話せる司祭の先生がいますが、

15年前にCaféを大家さんが家を建て直すのに出て行ってもらいたい

と話された時に、かなり迷いました。

先生に相談したら「やめる勇気も実は必要なんだよ。」と答えて

くれました。

そこでゴネることなく、モメもせず、次の場所を一旦Caféを閉めて

始めました。それが小石川でした。

 

あのとき、Caféを続けることをせずにOLさんか何か雇われる側に

なっていたらまた違う人生が始まっていたでしょう。

 

人生には節々に様々な選択を迫られる時期がやってきます。

それに乗るのか、それとも違うことに乗るのか日々迷っています。

でも、パンを作るのも、教室を運営するのも、好きなことですから

少しずつ、自分でも、周りの人からも気が付かないうちに、いい方向へ

向かっていけたらと思っています。

 

これからもmignonは続けていくつもりですので、このちっちゃなお店を

応援して下さるよう、どうかお願い致します。

 

| 日々のこと | 14:02 | - | - |
mignonのなつやすみ

 

 

1年が経つものは本当に早いものです。

mignonの夏休みのお知らせです。

 

8月1日〜9月5日までお休みをいただきます。

 

予めご了承下さいませ。

 

”パンと料理の会””チーズ餐食の会”の募集記事はこちらから

ご覧下さいませ。現在、募集中です。

 

http://bread.k-mignon.jp/?eid=142

 

 

| おしらせ | 13:57 | - | - |
コノナツ、ココカラ   mignonでのイヴェント

7月29日(土)11:30AM〜18:30PM

7月30日(日)11:30AM〜16:00PM

 

”コノナツ、ココカラ”というイヴェントをmignonで行います。

北欧調の雰囲気の服やバッグを独りで作っているリッカテイルさん

https://lycka-till.shopinfo.jp/

 

布小物で人気のCOCOKOさん http://cocokoron.exblog.jp/の

ふたりでにかわさんのほっこりした夏を展示・販売します。

当日はCaféも行いますし、土曜日は”土曜日のクロワッサン”の

販売もします。

 

みなさまのお越しを心からお待ちしています。

 

 

| イヴェント | 13:43 | - | - |
”パンと料理の会”及び”チーズ餐食の会”の募集につきまして

Photo by Y.H

 

 

 

9月から新たに始まる”パンと料理の会”及び”チーズ餐食の会”の募集を

開始致しました。
いずれも全レッスン5回(月1回)、1クラス5名の少人数制です。
日程や募集要項等は下記の通りです。
 

 

尚、お申し込みの締め切りは8月31日(木)とさせていただきます。

”パンと料理の会”

この会はパンを軸にし、それに合う料理を愉しみ、そして分かち合う
時間です。
この会を通して暮らし全体が豊かになっていくこと、食やモノなどを
mignonらしくお伝えできれば・・・と思っております。

作業は”成形”という段階から行い、料理はデモンストレーション方式
にて行っていきます。

(パンは本来、生地捏ね→一次発酵→分割→ベンチタイム→成形→二次発酵
 →焼成という工程で出来上がります。)

この会は上記の工程の”ベンチタイム”から始まります。
(天然酵母パンは完成まで10〜12時間を要しますので、前半の工程は
 省略し、配合とレシピをお伝えするのみとさせていただいています。)

受講生の方々が作ったパンはお持ち帰りいただき、講師の作ったパンと
デモンストレーションで作る工程をお見せしたパンに合う料理を試食して
いただくので、初心者もベテランの方も年齢、性別を問わずに受講でき,
和やかな雰囲気がこの会の大きな特徴です。

また、料理のレシピもシンプルさを心がけ、なおかつ応用の効くレシピで
ご自宅へ帰ってからも作りやすく指南していきます。
皆さまのご参加を心からお待ちしております。

 

 

 

 



レッスン内容
 第1回 :ティーロール
      ピストウスープ 

      野菜のマリネ生ハム添え                     

 第2回 :ローズマリーとレーズンのパン
      シンプルシュークルト     ヴァンショー


 第3回 :プレーンベーグル
      オクラのトマト煮レバノン風
      豚のオレンジ味噌ソース

 第4回 :おおきなチーズパン(この日は型の都合上、お売り換えはできません。)
      ホームパーティー
      (お料理の内容は当日発表します。)

 

 第5回 :抹茶パン
      アンショワイヤード

      いろいろ茸の食べるスープ
      

※ 天候や仕入れの状況により料理メニューの内容が異なる場合があることを
  予めご了承下さい。

Photo by Y.H

 

 

 


レッスン日時(全6クラス)いずれも18:30PM〜20:30PM


 A (9/7・10/5・11/2・12/7・1/4)   
 B  (9/8・10/6・11/3・12/8・1/5)    
 C  (9/14/10/12・11/9・12/14・1/11)  
 D  (9/15・10/13・11/10・12/15・1/12)

 E    (9/21・10/19・11/16・12/21・1/18)
 F (9/22・10/20・11/17・12/22・1/19)


持ち物:エプロン・ハンドタオル・筆記用具

各クラス5名で行われますが、最低催行人数に満たない場合はクラスの
変更をお願いしたり、中止にする可能性もございますことを予めご了承
下さい。



”チーズ餐食の会”

このクラスは文字通りチーズを食べて愉しむ為のクラス。
普段、買い物がてらに見かけるチーズ・・・興味はひかれるものの
味がどうなのか?食べきれるのだろうか?などと思うことはあるはず。
そんな”興味をひく”チーズを毎回1種類チョイスし、それをひと手間加えた
だけでテーブルの主役に仕立て、愉しむ・・・というのがコンセプト。

そして大きな特徴は召し上がって頂くチーズの豊富さ!

チーズが大好きな人、食べることを愉しむのが好きな方にはお薦めの

レッスンです。
デモンストレーション方式で進めますので筆記用具のみご持参下さい。
また毎回、VILTUS神宮前の中尾 有氏がセレクトするワインが出ます。

お酒の召し上がれない方の為には、そのテーマに合った紅茶が出ます。





レッスン内容

第1回 : テーマ:ハード
      パルミジャーノと葡萄

第2回 : テーマ:セミハード
      ミモレットとハーブのパスタ

第3回 : テーマ:白カビ
      おつまみいろいろ

第4回 : テーマ:ウオッシュ

      海の幸サラダとチーズのソース
      
第5回 : テーマ:ヤギ
      シェーブルと緑のサラダ
 
※ 天候や仕入れの状況により料理メニューの内容が異なる場合があることを
  予めご了承下さい。     

レッスン日時(全2クラス)いずれも18:30PM〜20:30PM
 
 G (9/28・10/26・11/30・12/28・1/25)

 H (9/29・10/27・12/1・12/29・1/26)  

受講費   :全5レッスンおひとりさま ¥27,000(材料費、税込 各クラス共通)
       *尚”パンと料理の会””チーズ餐食の会”を同時に受講されるかたは
        受講費を合計¥50,000にお割引き致します。

持ち物   :筆記用具

お申込み方法:お名前、ご住所、電話番号(連絡の取れる番号の明記をお願いします)
       受講日を入力の上、mailにて、
       タイトル”パンと料理の会受講希望+お名前”または
       ”チーズ餐食の会受講希望+お名前”とし、下記のアドレスまで
       お申し込み下さい。

                   (また、お手数ではございますが、希望のクラスは第3希望までご入力を

       お願い致します。

       ex:第1希望”パンと料理の会”Aクラス 第2希望”チーズ餐食の会”Gクラス

         第3希望”パンと料理の会”Bクラス・”チーズ餐食の会”Gクラス
 
       contact@k-mignon.jp

       mailを受け取り後、確認mailをお送り致しますのでパソコンからの
       mailを受け取れるアドレスでお申し込み下さい。確認が取れ次第、
       お席の確保が完了致します。
       
お支払方法 :第1回の受講日に現金にてお支払いをお願いしています。
       (クレジットカードのご使用はできません。)

                  * 何らかの都合により分割をご希望の方はお申し出下さい。

受講に関しましての確認事項
 ・ 受講を終了してもディプロム等はございません。あくまでも普段の生活の中で
   パンや料理を作って愉しむためのクラスです。
 
 ・ 当日、レッスン開始時間よりも10分以上遅れる際には必ず電話等にてご一報
   下さい。

 ・ 受講日振替はおひとりさま2回までとさせていただきます。また、代理の方が
   受講することも可能です。
   なお、お振り替え希望の場合は資材調達の兼ね合いがございますので1週間前
   までのご連絡をお願いしております。

 ・ 受講日当日欠席のご連絡、または連絡なくお休みされた場合の振替はお断り
   させて頂いております。

 ・ パン生地を手で触ることから、ネイルやフレグランス等のご使用は作業の妨げ
   になります。また、ロングヘアはまとめて頂くと作業がしやすいかと思います。

 ・ おこさまご同伴の受講はお断りさせていただいております。
   (ただし、抱っこやおんぶのできる赤ちゃんをお連れの方はお申込者ご自身の
    常識の範囲以内の判断にて受講可能としておりますのでご相談下さい。)

 ・ 無断にてそのままレシピをブログ等に公開したり、販売することはお断りしています。

 ・ レッスン時に限り、作業工程をデジタルカメラ等で撮影することは可能ですが、映像で
   の撮影、及び音声での録音はお断りしています。

講師紹介
   鈴木 三与(すずき みよ)
    料理家・mignon主宰
    個人の小規模製パン店や大手企業の製パン部門でパン作りやDELIの商品開発、
    大手料理教室の講師や料理家のアシスタントをしながら修業。

    1998年 自宅にてテーブルコーディネート教室 Aterlier mignon Open
    2000年 文京区向ヶ丘に Café mignon Open
    2008年 文京区小石川に移転し mignonに屋号を変え、Open
    2013年 文京区千駄木に移転し、天然酵母パン屋とパンに合う料理の教室
          など食に纏わる場として展開を行っている。

    辻調理専門学校製パン部門卒業
    ル・コルドン・ブルー(Tokyo校)製パン部門ディプロム取得
    ル・コルドン・ブルー(Tokyo校)チーズクラス終了
    日本パンコーディネーター協会エキスパート
    日本チーズプロフェッショナル協会 コムラードオブチーズ

    薬膳コンシェルジュ協会 キッチン薬膳コンシェルジュ

    薬膳コンシェルジュ協会 薬膳茶エヴァンジェリスト

| ”パンと料理の会””チーズ餐食の会”について | 12:59 | - | - |
ちいさなお客さま

 

 

 

「お久しぶりです!はぁーやっと来れたぁ・・・」

・・・と本当に久しぶりの方がご来店下さった。

 

「お引っ越しされたとばかり思っておりました。」と私が言うと

「実は子供産んでたの。その子がいつの間にか・・・というか

 やっと親の言うことを聴き分けられるようになったから・・・」

 

そばには4〜5歳くらいのお子さまがいらっしゃた。

彼女は小石川から千駄木に移転した頃、よく来て下さった方。

 

「懐かしいですよね。」

「本当に・・・」

 

そのお子さまを見て、あらためて時が経つのは本当に早いんだなぁ

と実感した。

移転して4年の歳月が過ぎていってるが、日々の色々なことに

追われて過ぎていく毎日。

 

一か月に一度しか来ることのできないお客さま、一年に一度しか

来ることのできないお客さま・・・

それでもmignonにいらっしゃることを予定に入れて下さって

いるんだ、と思うと嬉しくなる。

 

そんなお客さまをもっと増やしたい。

それから、お友達にmignonを教えたい!と半斤を色々な種類

お買い求めて下さっているお客さまも!

 

人と人との繋がりって本当にあったかい。

 

mignonのパンは日常に溶け込んでいるけど、でもここのパンだけは

自分のお気に入りのお皿に乗せて優雅な気分でのんびりと

食べたい・・・とおっしゃって下さった方・・・

 

そんな風におうちで楽しみながら召し上がっていらっしゃるのを

想像しただけでワクワクしてくる。

 

そうした人たちに支えられてmignonはある。

これからも皆さんが”入り易い”おみせにしていきたい、そう思っている。

| 日々のこと | 13:33 | - | - |
チーズ餐食の会

 

 

昨日の”チーズ餐食の会”はチーズプラトーを愉しみました。

チーズプラトーはチーズをお皿やプレートなどに

盛り付けて楽しい時間を過ごすもの。

 

昨日のテーマは日本で生産しているチーズを集めました。

 

まだまだ日本のチーズがあまり美味しくないのも

欧州に比べて生産者が少ないのと、値段の高さから

普段使いにできないのかもしれません。

 

例えば、木の箱に入った欧州のカマンベールなどは

現地では日本にやってきて、販売するとしたら

欧州の3分の1〜2だそうです。

 

日本でのチーズの消費量は他の国よりも低いのは

ほぼ、価格のせいかと思います。

チーズ単体で食べるよりも調味料として使っている

欧州。それがまだそこまでなかなかいけない日本。

 

日本のチーズがさほど美味しくないと言われても

欧州とは牛の質、牛が食べている飼料、湿度、温度

土壌など・・・さまざまなものが異なっているので、

生産者も苦労するのでしょう。

 

飛鳥時代から作られている日本のチーズ・・・

人気が上がったのは1970年代、チーズケーキ特集を

色々な雑誌で取り上げて人々に浸透させて、

翌1980年代に入ると、バブル期にイタ飯、ティラミス

などチーズを使った料理やスイーツをボディコンの

女性たちが楽しんだのでしょう。

 

しかし、今は楽しみ方が異なっている・・・

これからの日本のチーズがどうなるか楽しみです。

幼い頃、子供たちが大好きだった”6Pチーズ”などの

プロセスチーズがどのように変化していくのか。

 

ちなみにこの”チーズ餐食の会”はみなさんタッパーを

持ってやってきます。

おうちに帰っても味を覚えていてもらいたいから

量を大きく出しているのです。

 

次回の募集は夏ごろを予定しています。

| ”パンと料理の会””チーズ餐食の会”について | 12:47 | - | - |
嬉しいこととありがたいこと

先週は嬉しいことやありがたいことでその出来事が

自分のもとに振り返ってきたのが信じられないことが

ありました。

(内容はナイショですが・・・)

 

不思議なもので、損得勘定は抜きにして誰かを助けたり

困った人に手をそっと出して支えてあげる・・・

それだけのことでも、何年か経ってその行為が返って

くるものは本当にあるようです。

 

でも、その反対の行動を起こせば、その通りに自分にも

ヒドい仕打ちが返ってくる・・・

 

ホント、不思議なものです。

 

Photo by Y.H

 

 

さて、話はかわりまして、先日の”パンと料理の会”。

パンはフォカッチャ。

mignonの提案はとにかくオリーブオイルを薄く

うすーく塗ること。

大きめのパンなので、しかも翌日食べることを想定

したらオイルでギトギトのフォカッチャは自分では

NGかと・・・

庭のローズマリーを使ったのですが、本当に個性が

良く出ていて、まるで”芝生”のようにローズマリーを

”植え付けて”いる人もいました。

 

パンのできあがりは人、それぞれ。

オーヴンの中でのんびりと膨らんでいくさまが愛らしくて

生徒さん達はみんな赤ちゃんを見つめるおかあさんの

ような、何とも言えない微笑みになっていくのです。

 

 

Photo by Y.H

 

 

 

そしてメインは鶏肉をグレープフルーツでマリネしておいたものを

ソテーにしたものと、ズッキーニをピーラーで薄く薄くそれは

薄く削いだのをパスタのようにしたもの。

バジルペーストを混ぜて、パルミジャーノ・レッジャーノを

生徒さんが「ストップ!」と言うまでかけて・・・

 

この時間は生徒さん達の笑い声とおしゃべりしか聞こえません。

それがとてもありがたく、嬉しいことなのです。

 

そろそろ次のプログラムを考えないといけない時期ですが

まだ固まっていません・・・

彼女や彼らがどんなふうに愉しんでくれるかアタマを悩ませます。

 

でも、その時間もありがたいものなのですけど、ね。

 

| 日々のこと | 15:45 | - | - |
嬉しかった!楽しかった!マルシェ

 

 

 

先日の日曜日、小石川マルシェに参加してきました。

懐かしい、小石川の時のお客さまにもたくさん会えて

気分は同窓会。

暫くあっていないと、結婚、出産、などと嬉しい

おしらせもたくさん聞けたし、郊外でパンを販売するのも

また、愉し。

 

秋になって、また今頃の気候になったら出展しようかと

思っています。

これからは雨で中止、なんてこともあるでしょうし、

暑ければ、パンが湿気てしまって品質も当然落ちます。

 

それを販売するのは、お客さまにあまりにも失礼なので

あまり陽射しも強くなく、湿気も低くなる秋まで

イヴェントはお休み。

 

それまでどうかmignonに足を運んで下さいね。

宜しくお願い致します。

| イヴェント | 14:14 | - | - |
小石川マルシェ

 

 

 

お天気に恵まれた連休でしたね。

皆さんはどのようにリフレッシュされましたか?

 

さて。

今週の日曜日は恒例の”小石川マルシェ”http://koishikawa.tokyo/marche/

に出展します。

 

ですので、その準備がある為、土曜日は臨時休業

させて頂きます。

 

この年2回のイヴェントはmignonが小石川に帰る日。

小石川の頃のお客さまや友達に会えるので私自身も

楽しみなイヴェントなのです。

 

ただ、いつも通り、ひとりでパンを作るのは

限界があるので、お早目のお越しをお待ちしております。

 

このマルシェは第2回から出展したのですが、早くも今回が

13回目!

一番最初はこのイヴェントがどのようなものか見学に行ったところ、

正直、お店も人も閑散としていて寂しい感じさえ覚えました。

でも、実行委員会の方々のおかげで2回目からは大盛況!

 

お客さまを集める、と言うことは本当に大変なことなのです。

そして、更にそのお客さまがその場所をお気に召して頂き、

”常連さん”なって下さることも・・・

 

mignonの場所もなかなか知ってはもらえません。

ですが、一度入って下さると入り易くなるそうです。

(お客さま談)

 

どうかお天気になって、楽しいイヴェントになりますように!!!

 

| おしらせ | 15:03 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
mobile
qrcode
にほんブログ村 グルメブログ パン(グルメ)へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 谷中・根津・千駄木情報へ
LINKS